合格を手にできたのは、共に医学部という高い壁に立ち向かった仲間がいたからこそだと思います。

山口大学医学部医学科合格 S・O君

合格体験記 experiences

私が富士学院の門を叩いたのは2年前、現役で医学部受験に失敗した後でした。現役時は全く勉強しておらず、何とかなるだろうという気持ちのまま高校生活を送ったため、富士学院訪問時は基礎知識も全く身についていませんでした。このような現状の私を温かく迎えて下さった学院の雰囲気がとても心地よく、即入学を決意しました。
それから1年間はひたすらに知識を積み上げて合格を勝ち取ろうと考えていましたが、結果は全て一次落ち、国立大学など夢のまた夢でした。結局2年目もこの学院でお世話になることになりましたが、取り組むに当たって自分が大きな思い違いをしていることに気がつきました。それは、知識を体系として整理しなければ理解には至らないという、日頃から先生方に言われ続けてきたことでした。そして2年目、このことを胸に刻みつつ、先生、教務の方の万全なサポートのもと取り組んだ結果、無事山口大学合格を果たすことができました。
また、合格を手にできたのは、共に医学部という高い壁に立ち向かった仲間がいたからこそだと思います。私が途中でモチベーションを保てなくなった時、テストで思い通りの結果が出なかった時などの仲間の叱咤激励がなければ、このような結果は得られなかったと思います。
この2年間お世話になりました。医師への道は始まったばかりなので、これからも実直に取り組んでいきたいです。本当にありがとうございました。