一番単純で、でも一番難しく、その上一番大切なことが「自分を信じること」だと思います。

日本大学医学部医学科合格 M・K君

合格体験記 experiences

「もう一年繰り返してみろ」と言われたら「絶対に嫌だ」と断るほどに自分自身を追い込んだ一年でした。入学当初から、私は朝一番に来て、夜一番遅く帰るように学院で勉強しようと心に決めて入学しました。「問題を解くことが勉強である」など勉強方法を間違え、その上、時間ばかりかける誤った今までの勉強方法を、チーム会議や日々の学習の中で各先生方から指導され、改善させることができ、暗記中心の学習ではなく、真に知識の探求や学ぶことの楽しみを味わうことができるようなった密な時間を過ごすことができました。
11月には藤田保健衛生大学AO入試で一次合格することができ、自信もつけて、受験本番に臨むことができました。しかし苦しかったのはここからでした。スタートの金沢医科大学の受験では自分で勝手に慌ててしまい失敗してしまいました。続く藤田保健衛生大学、愛知医科大学でもその失敗を切り替えることができず、引きずってしまい、何が起きているのか整理がつかないまま、前半が終了してしまいました。日本大学の受験前日には「もう受験をしたくない」と寮に引きこもっていました。そんな中、校舎長と担任の先生が寮まで訪ねてきてくれ、激励と失敗した原因を改善する方法など話をしてくれ、最後に「自分の力はこんなものではない。失敗を恐れずに頑張ってこい!」と背中を押され、日本大学の受験に向かいました。試験では目の前の問題を解くことに集中し、慌てることなく終えることができ、結果、日本大学に合格することができました。
一番単純で、でも一番難しく、その上一番大切なことが「自分を信じること」だと思います。最後の最後に苦しい経験をしましたが、講師・職員の方々の激励と励ましがなければ合格はなかったですし、何より最後の最後で「自分を信ずる心」を取り戻せたと実感しています。富士学院で本当に良かったと心から思っています。