学習状況や性格を加味した出願校選定と「私たち生徒を絶対諦めさせない」という熱意が原動力となり、念願の国公立医学部に合格できました

福井大学医学部医学科合格 H・A君

合格体験記 experiences

現役の頃の自分は、医学部受験は大変だということはわかっているつもりでしたが、なんとかなるのではないかという甘い気持ちもどこかにありました。そのような気持ちだったので、勉強も時間をかけてやっているつもりになっていました。センター試験では失敗し、私立医学部の結果も当然のごとく、そんなに甘いものではありませんでした。
富士学院に入学するきっかけは、センター試験に失敗し、旭川医科大学に出願した時の二次対策でお世話になったことでした。生徒との距離が近く、いつも質問しやすい、話しやすい雰囲気があり、先生・職員の方を問わず、いろんな方が自分自身を常に励ましてくれました。そのことがあったため、浪人が決まってから富士学院でお世話になろうと決めました。入学後、「絶対に一浪で終わらせる」と強く決意し、携帯電話のアプリもほとんど消し、ブラウザーも使えなくして、自分を追い込みました。それでも浪人中は精神的に非常に辛く、心が折れかけたことも何度かありました。しかし先生や職員の方、そして一緒に勉強していた仲間から励まされ、最後まであきらめることなく取り組むことができました。
富士学院で良かったと思うことはたくさんありますが、1つは先生による基礎からの要点を押さえた分かりやすい授業であることはもちろんですが、今までなんとなくわかった気になっていた内容を確実に理解するところまで徹底して指導と確認をしてくれたことです。2つ目は、自分の学習状況や性格などを加味して、徹底された出願校選びでした。そのおかげで念願の国公立大学医学部に合格できたと思います。
私の経験から、医学部受験において、学力はもちろん大事ですが、それ以上にいかに自分のモチベーションを高く保っていられるかということが重要ということを思い知らされました。しかし富士学院の先生や職員の方々からは「私たち生徒を絶対諦めさせない」という熱意が伝わってきて、自分自身も高い目標を追いかけ続けられる原動力となりました。