国立医学部に合格できた最大の要因は、富士学院で培った集中力と最後まで諦めない心だと思います。

島根大学医学部合格 K・F君

合格体験記 experiences

昨年の受験に失敗し、他学部に進学するか浪人を続けるか迷っている時に、新聞の広告で目にしたのが富士学院でした。面倒見の良いと評判の西日本に本部のある医系予備校であり、友人の勧めもあって入学を決めました。人数の多い大手予備校が苦手で、宅浪や個別指導という形で浪人を続けてきた私にとって、富士学院という環境は新鮮でした。授業は少人数で行われるため、いつでも質問をすることができ、分からない分野があっても先生方が対応してくれるので、悩みが小さなうちに解消することができました。一方で小論文などの授業は各クラス合同で行うので、そこそこの人数になり、緊張感がありますし、授業以外の時間やリフレッシュタイムなどにおいても、いつものクラス以外の医学部志望生と交流できるのでモチベーションになります。

富士学院の授業の中で最も力がついたと思うのは演習の時間です。これは授業の時間内に先生方が時間をとって行うものですが、周りにライバルがいるのでサボることはもちろん、手を抜くことができません。自習中に過去問を解いていて「こんなもんでいいか」と中途半端に終わらせていた問題を時間ギリギリまで集中力を高めて解く練習は、不真面目な自分に足りていないものであったと合格して思いました。

入学当初のクラスが真ん中だった自分が国立医学部に合格することができた最大の要因は、富士学院で培った集中力と最後まで諦めない心だと思います。たとえ良い判定が出ていなくても、この2つがあれば合格を勝ち取ることができると私は実感しています。これらを最後まで私が持ち続けることができたのは、共に富士学院で学んだ友人達、先生方、教務の方、そして元気な声で励まし続けてくれた食堂のコックさん、そして家族のおかげです。本当にありがとうございました。